フルーツの栄養成分とその効果について

いちご、キウイ、みかんにバナナなどフルーツはどれも食べやすく、子供も好きなものでしょう。
こうした食品は、美味しい上に実は栄養価も非常に高く、上手に摂取することで美容にも健康にも良いのです。
いちごやキウイをはじめ、多くの果物にはビタミンCが豊富です。
ビタミンCは美肌に良いとよく言われますが、その理由はコラーゲンを生成したりメラニン色素の発生を抑制することにあります。
コラーゲンはお肌の潤いのために欠かせない成分であり、ビタミンCを摂取することでお肌を乾燥から守ることができるのです。
またメラニン色素を撃退することにより、シミの予防にもなり美白効果を実感できるでしょう。
そのほかにもビタミンCは免疫力を向上させて風邪の予防にもなります。
またバナナやみかんには食物繊維も豊富であり、腸内環境を整えて便秘の解消になります。
そのほかにも抗酸化作用のあるポリフェノールや、血圧を下げるカリウムなども、果物から摂取することができるのです。
そのまま食べても良いですし、ミキサーでいろいろな種類のフルーツを混ぜて粉砕してドリンクにして飲むのも良いでしょう。
日光を浴びて作られているドライフルーツは、さらに栄養価が高いとされています。
美味しく食べて、体の中から美しく健康になりましょう。

知っておきたいフルーツの歴史

現代では、果物もしくはフルーツと言われていますが、昔は水菓子と言われていたそうです。
水分を多く含んだ甘いおやつという意味からですが、時代と共に普通のお菓子が出てきてしまい、水分の多いお菓子なのか?と誤解されるようになり、それからは果物やフルーツと呼ばれるようになりました。
本来は樹木になる実が果物とされていますが、草になるような果実は野菜ということになってしまいます。
よく知られているものとしてはイチゴとスイカとメロンです。
この話しの内容でいくと、イチゴとスイカとメロンとトマトは同じ野菜の部類になってしまいます。
ですが、トマトだけが野菜と認識されて区別がつけづらくなったようです。
農林水産相では、現在でもやはり野菜となっているようですね。
ともあれ、私達の生活の中で果物も欠かせない食べ物になっています。
お肌に良いとされる果物やダイエットに最適な果物、健康管理にも良いとされています。
地方限定の高級な果物もありお祝いや贈答品にもなっています。
様々な色がありますので風水では柑橘類などは絵画になったり、占いではその時に食べた方が良いとされる勧めの果物もあるそうです。
季節によって色々変わるので一年を通して楽しめる食材ではないでしょうか。